上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
歴史が教える大切な事 

海があり 山があり 
そして、人を見守る城がある

熊本はどこに行っても、その魅力を感じる事ができた。
ひとつひとつの場所が崩れ去る

寂しさ 切なさ 歯がゆさ…

賑わう街中を高台で見守り続けている熊本城
長い年月、戦乱にその姿を失おうとも再び蘇り
その頑固な人の人たる人づくり

この時代に この城があることの意味は
きっと、400年前のあの時代に清正公が
人として大切なものを残したく 
それを見据えていたのかもしれない。


支えるって…こういうことなのか?

「武者返し」と名の石垣

大、小さまざまな石の形が
いつの時代も、それぞれの役を担い
共に手をとりあって 櫓を支えてきた

耐えきれぬ震えに 調律を乱され

それでも、「これ以上…壊れないように」と
支え合う 最後の石…その姿

地が震えるたびに サラサラと順を連ね落ちていく小さい砂石
その離れた手に耐え切れず 落ちていく大きな石
崩れを待つ 寄り添う石

いつの間にか残った石だけで
それでも櫓を点で支えている
 
災害を受けた人たちに 何かを教えようとしている…
そんな気がしてならない

傷ついた熊本城の この姿も
見習いたいものだ。

大切な事は きっと「守るもの」があるから支えられる
「挫折」と「気づき」はそんなことを教えている気がする。


鼓太郎

↓↓ランキング参加中です。”ポコッと!”ご協力お願いします!】↓↓
にほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ  
にほんブログ村
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ
にほんブログ村





スポンサーサイト

04/29|詩…語らいコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
Profil

鼓太郎

Name: 鼓太郎
九州在住の波乱万丈な人生を歩む鼓太郎と、彼を支える心の友、鼓次郎が繰り広げる、ゲスト救済ストーリーを展開します。

鼓太郎のこれまでは ココ!

_
News_Entry
Category
Archive
エントリー中
Counter
Link
*****
Search
RSS…
ブロとも申請フォーム
*
**
***
<****Googleanalytics解析***--------------------------------------> <****Googleanalytics解析 ここまで***----------------------------------->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。