上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
今日は、同じ九州の熊本地震被害地を訪れました。

テレビで放映されている以上に、被災地は過酷な状況でした。
言うなれば、テレビで見る画像はどの番組も
綺麗なところばかりだということです。

被災中心地の益城町、避難場所となっている
益城町総合体育館…

駐車場には入る隙間もないくらい車に避難されている風景は、
予想していたけれど、
ガソリンを無駄遣いしないようにとエンジンもかけず

車のドアを開け、落ちそうなタバコの灰に、気にも留めず
情報を得るために、スマホのニュースを見ているひとりの中年男性
聞こえないように、小さく溜息を吐いている姿

高齢者の家族だろうか…日が落ち薄暗い駐車場で
車のテールライトの灯だけで、おにぎりを無心に食べている
薄手のジャンバーを着てた、80代の御爺ちゃん

エコノミークラス症候群を回避する為なのか、しっかり前を向いて
駐車場内を歩く30代の女性

近くの入り口から総合体育館内に入ろうとしたとき
ひび割れた段差がある道を、ゆっくりと乳母車をおして歩く 
高齢者の御婆ちゃんがいた
ふりかえり、手を貸そうとしたけれど、無事に歩いて行った…

館内関係者が通る入口なのか、その入り口から入って2mほど
すぐに目に留まったのは小さいペットが入るくらいのゲージ…
散歩でもしているのでしょうか?
館内受付カウンターの下に布団を敷いて寝ている70代の痩せ細った白髪まじりのおじいさん

ほんの数秒…目と目が合ったけれど、
そこには疲れきった、挫折を通り越した目に感じました。

ロビーに入ったけれど、それ以上先には入れなかった…と、
言うか入ることを避けていた

何故なら
そこには必死で「今」を乗り越えようと、じっと耐えている人の姿
失くしたモノを受け入れようとする心、余震の恐怖心に備えようとする
その場の空気を感じたからだった。

立ち止まることも、元来た入口に戻ることもできなかった
足がいくままに裏の通用口へと進みました。

幅2.5m 長さ20m程の通路の左右に、場所と取らないようにと、
トイレや備品庫の扉前を避けて敷かれた薄い布団が整然と一列に並び

人とすれ違うことすら困難な左右の布団と布団の間は30cm
その間を通り出口へと立ち止まらずに歩いていき

あるところは、段ボールで布団の周りを囲み
静かに私の方を見ているペットのチワワ

その先の左には、館内の固定椅子に布団を敷いて
寝苦しいような姿で片足だけを乗せて
横になっている70代のおじさん。
その下に奥さんだろうか?同年代の女性が座ってうつむいている

館内トイレ入口近くの寝たきりの90代のおじいさんは
娘さんだろうか?おじいさんのズボンを脱がして着替えさせている

目に入るどこの風景も、布団は敷いてあり横になることはできるけれど、
あきらかに、疲れを癒せる場所でもなく、
ただ ひたすら身を寄せ合っている姿でしかなかった。


被災者がいる体育館を出て思ったことは、やはり溜息しかでなかった。
そうなることは知っていたのに。

自分の中で何かを感じたけれど、それが何なのかは、いまでもわからない。

ただ家に帰って夜のニュースを観た時に
ひとつの嬉しい事があった。

震災で嘆いている人を救うために、懸命に頑張っているのは
おなじ「熊本の若い人

熊本の震災でいろんなところから救援物資が入り、
モノが満たされた後は、熊本県民が県民のために立ち上がりつつあることだった。


やるべきことをやる!」心に留めよう。

必ず熊本は立ち上がる」そう信じている。

いまの自分にできる事…
九州に生まれてよかった!
真剣に考えさせられる一日だった。



鼓太郎でした。

↓↓ランキング参加中です。”ポコッと!”ご協力お願いします!】↓↓
にほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

04/23|詩…語らいコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
Profil

鼓太郎

Name: 鼓太郎
九州在住の波乱万丈な人生を歩む鼓太郎と、彼を支える心の友、鼓次郎が繰り広げる、ゲスト救済ストーリーを展開します。

鼓太郎のこれまでは ココ!

_
News_Entry
Category
Archive
エントリー中
Counter
Link
*****
Search
RSS…
ブロとも申請フォーム
*
**
***
<****Googleanalytics解析***--------------------------------------> <****Googleanalytics解析 ここまで***----------------------------------->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。