上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
2015-03-17 23


部屋の明かりを消し

無になれる場所
そして、未来を想像する時間

一日の終わりの 作戦会議が毎夜開かれる

参加者は中年オヤジの ”くたびれた俺”と
そして、喜怒哀楽 感情の塊を持った ”もう一人の俺”の二人

もう一人の俺には、指示を待って動く 自分の中に居る ”影の俺”

俺は影の俺を直接 指示する事が困難で
いつも ”もう一人の俺”が 指示を下している。

理解できるだろうか?
オートバイで例えるなら・・・
”くたびれた俺”とは鏡に映る俺であり、オートバイの車体そのもの
”もう一人の俺”とは鏡に映らない俺であり、オートバイのハンドル
”影の俺”とは、これも鏡に映らない俺であり 
例えるならオートバイのエンジンであり、ブレーキであり
そして、それが 潜在意識だと言う事を


”くたびれた俺”の頭の中では、起きている間は、常に”もう一人の俺”が会話している
それは 独り言であり 時には、自分で質問して 自分で答えている

「今日は何を食べようかなぁ?」
「牛丼でも作ろうか」
「そうしよう・・・」

「タマネギ有ったかな?」
「確か 冷蔵庫に有ったな…」

それは、すべて 頭の中で語る”もう一人の俺”

そして、鏡に映る”くたびれた俺を”動かし 牛丼をつくらせている


何かに悩んだ時 いつも 作戦会議室で 
”くたびれた俺”の中では 別の第三者を招待している

今日は、本田宗一郎と松下幸之助
亡き彼らに相談し そして答えを仰いでいる

「オヤジさん(本田宗一郎)よ こんな時 オヤジさんならどう考える?」
「幸ちゃん(松下幸之助) この考え方間違っているかなぁ~」

等々… 

自分の中の作戦会議室を持つことは 必要な事だと感じている。
挫折した時 上を向いたら、何かに気づいた

その何か?とは、きっと 心の中のあり方だと感じた
そう気づいた時 自分が好きになった瞬間だった。。。。



スポンサーサイト

03/18|詩…語らいコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
Profil

鼓太郎

Name: 鼓太郎
九州在住の波乱万丈な人生を歩む鼓太郎と、彼を支える心の友、鼓次郎が繰り広げる、ゲスト救済ストーリーを展開します。

鼓太郎のこれまでは ココ!

_
News_Entry
Category
Archive
エントリー中
Counter
Link
*****
Search
RSS…
ブロとも申請フォーム
*
**
***
<****Googleanalytics解析***--------------------------------------> <****Googleanalytics解析 ここまで***----------------------------------->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。