上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑

45481030_588315294.jpg

咲き乱れる 桜の中で

あなたは 散った

 

ベッドの上で 僕が着くのを待ってたあの日

言葉にならない 

最後の一言

 

あれから 幾度の桜が咲いただろう

 

心配しないで

僕は やっぱり 僕だよ

 

そして あなたは

たった一人の父だった

 

桜が咲くたびに

あなたを想いだす

 

一度で いいから

夢に出てきてよ

 

そして 僕の悩みを 

聞いて欲しい

 

 

スポンサーサイト

03/29|詩…語らいコメント(2)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
caonchi さんへ
v-280 いくつになっても 親は親

桜咲く季節は 毎年思い出します。
花見が好きだった あいつは
今は居ないけど やっぱり 父でした

越えた部分と 越えられなかった部分
そして、越えられるけれど 越えなかった部分

そうやって 男同士の時間を過ごしてきたように思います

ありがとう。

From: ★★PAL * 2010/03/30 18:46 * URL * [Edit] *  top↑
この桜をみて思いました。
命というのは、崇高なものだから 咲き乱れる桜や
蒼く広がる空に 似合うのかなと。
穏やかに微笑み ★★PALさんを 包み込むお父さんが
見えるようです。

From: caonchi * 2010/03/30 11:53 * URL * [Edit] *  top↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
Profil

鼓太郎

Name: 鼓太郎
九州在住の波乱万丈な人生を歩む鼓太郎と、彼を支える心の友、鼓次郎が繰り広げる、ゲスト救済ストーリーを展開します。

鼓太郎のこれまでは ココ!

_
News_Entry
Category
Archive
エントリー中
Counter
Link
*****
Search
RSS…
ブロとも申請フォーム
*
**
***
<****Googleanalytics解析***--------------------------------------> <****Googleanalytics解析 ここまで***----------------------------------->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。