上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
jut0040-002.jpeg


間違った場所に居るから
少しも楽しくなかった

そう感じた時、自ら辞表をだした…

退職の日
その想いは 間違っていなかった と改めて感じてた。


前日29日に 深夜4時までかかって、
やり終えた Exce VBAでつくった システム

今日、世話になった上司へ提示し 喜んでもらえた

午後には、同じ敷地内の顔見知りの人たちへ挨拶まわり

どの人も、次の仕事の事を心配してくれるが、
そんな事より、この会社を去る事が出来る事
それが 一番うれしいと 伝えた

自ら開いたドア  そして、それを自ら閉じる…

次なるドアを探すために、
やはり、今はワクワクしている

素直な気持ちで行動出来る事が
こんなに幸せだなんて
改めて 思えた。


自分の中で、やりたい事 叶えたい事が明確になっている
それだけでも 他の社員と比べても幸せに思える。


強がり…・?

そんなものじゃ 無い事は 自分の中で確かに感じている



この会社に居て、一番の笑顔で 「お世話になりました」…と挨拶を終え
そして、最後のドアを閉じた。


波乱万丈の これからの茨の道…
だからこそ 楽しんで歩いてみよう。


これからの人生「怖い」とは思えない 

何故なら …自分の人生 諦めてはいないから


スポンサーサイト

06/30|詩…語らいコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
bus0034-001.jpeg


退職日まで、残す2日
その先は いまだ決めていないけれど

何故か
意味なく ワクワク…


目を閉じると、足の向く先は 
真っ暗な闇の中に突入する…にも拘わらず

どの道を行こうか?とその道すら自分で決められる
その結果が、良い方に進むのか?悪い方に進むのか?

そんな見えない先の事にクヨクヨするよりは、
今 目の前の事に集中している


残す2日…お世話になった上司に
仕事でつかえる、Excel VBAで自動化を作っている。

もう少し期間があれば…と思うが
この日数で出来るだけの事をやってみよう

好きな事をやっている時が 一番幸せ
ネガティブな事は一切 脳裏を横切らない
一行 一行 コードを記述しながら
出来上がり、コマンドボタンをクリック

全てが思い通りに作動した時

「よし!」と唸っていまう。

自分に対して、この「よし!」の言葉が
次なる一歩を踏み出させる 呪文なのかもしれないね。



よし!



06/28|詩…語らいコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
P5216375.jpg


「”寂しい”と感じた事あるか?」

そう聞かれて、少し戸惑った


過去を振り返って、考えてみるが、
無性に心の置場がなくなるくらい
不安になった事は 
直ぐには思いさせなかった

それくらい 寂しいと感じた事は少ないのだろうか…


寂しさに負けて 自分を見失う
有り得ない事ではない…と思うけど

いったい 自分の心の奥底では
もう一人の自分が、どんな手助けをしているのだろう

きっと 俺が不安がらないようにと
いつも 少し先を照らしてくれている
それは、何の根拠も無い事だけど

自分の希望を叶えるために
心の奥底で、燃える炎が消えないようにと、
燻りかけた状態でも、しっかり薪をくべている状態なのかもしれない

本当に寂しい事って、自分を信じれなくなった時?
誰から どんな悪口言われようとも

自分の中の自分の事を信じないとね

なんとなく そんな事を考えていた。





 
06/24|詩…語らいコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
己のやりたい事を阻害する 
邪悪な心の中のあいつ

不平、不満、愚痴、諦め

一番の敵は 「あいつ」言う名の
心の中のもう一人の軟弱な俺


「必ずやっつけよう」 と密かに作戦を練っている

さて・・・どうやって やっつけるか


近々戦略会議をはじめようと考えている。
参加者は、「こいつ」と言う名の、心の中の真の俺

こいつが素直に前向きな思考の持ち主でよかった。



あいつと、こいつの真っ向勝負

こりゃ 面白くなったぞ。。。。

人生の重き扉を開ける 大決戦だな。



06/19|詩…語らいコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
怯えてはいない

なのに 眠れない夜
昨夜寝付いたのは、多分午前4時ごろ

過ぎ去る時計の針に、
焦ることなく、ただ静かに目を閉じていた

神経が昂る中、秒針の音がやけに大きく聞こえる




目覚ましの音で気怠く身を起こし

大きく溜息を吐いた
大きくあくびをして

カーテンを開けてみた

雨…

今日は雨の通勤を楽しんでみようと
そう思った瞬間

心のエンジンは 一発でかかった。

よし。。。



06/19|詩…語らいコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
男の顔は、生き方で変わる…と
老婆は教えてくれた。

この歳になって、なんとなく分かりそうな気がする。
目に見える容姿 スタイルは衰えようとも

心の中はの顔は 
いつも前を向いている。

見開いた眼 歯を食いしばり
重き足を また一歩踏み出す。


これから 目の前の険しい山を登ろう
あえて 一番険しい山を

不安と言う名の 弱気心を投げ捨て


そう心に決めたら
闇の中に光が射した。

退職日まで12日… 


バンザーイ




06/19|詩…語らいコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
活気のない女性の姿を駅で見かけた

バックには、就活雑誌

きっと仕事見つからないのかな?

若い女性の貧困を想像していた。



辛く切ないんだろうな…



うつむき、歩く歩調も遅く

しばらく 後ろをついて改札口へ向かった。


改札口を出て、 
後ろから、その彼女を追い越す間際に 
そっと、聞こえないように、声をかけた


大丈夫…心配するな

世の中 もっと辛い人居る事忘れないで、
自分が一番苦しいって 思わないで…

そして、自尊心無くさないように




06/19|詩…語らいコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
心の中を整理するため

考えた挙句、今日はほとんど、部屋の掃除で終わった。

音楽を流し、洗濯、掃除と 夢中に…

そして、部屋を綺麗に片づけする度に、心の中で何かの変化を感じた。




昨日 自分の事を理解してくれている人に メールした。

「俺のいいところって どこだろう…」 と

笑顔 嫌みがない バイクには夢中 話し上手 純粋 素直 手を抜かない 前向き 穏やか…

意味なく 嬉しかった。


応援してくれる人が居る事…それだけでも 幸せなのかもしれない


そう 思いながらの 今日の部屋の掃除は意味ある一日だった。


原点復帰…やはり 自分の考えた方一つだな
いつでも 原点に戻れる術 
いつの間にか 心に備えていた事が 嬉しかった。


 

06/15|くたびれオヤジの奮戦記コメント(0)トラックバック(0)TOP↑


愚痴 吐いた

破壊的な言葉で 自分を傷つけそうになった。

すまん


いろんな事が 山積み

たくさんの事が 停滞


だから…なんだろうなぁ~
ヤル気が起きない

焦れば 焦るほど
不安や悩みの波が押し寄せる

それは、何の根拠もない事なのに


きっと 自分の中に、甘えがあるのだろう

全てを投げ捨ててでも
人生をかけてでも 追いたいモノが 壊れていく

色を塗った絵から 一色 一色
色を抜き取られる…そんな気分

人前では、愚痴なんぞ 言えない
だから この部屋で吐くしかない


ほんとうは、 怖い

誰にも言えない 心の弱さ
一番 知っているのは 
本当は自分なのかもしれない



ここで たくさん 愚痴を吐こう

そして、また明日から やり直しだ。。。


何度も 何度も やり直し


はぁ~


ちくしょう~



はぁ~




06/13|詩…語らいコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
海に行きたい

夜の海をみたくなった。

心の中 いつの間にか巣つくっているみたいだ



悩み…?


たくさんある

不安…?

もちろん それも たくさんある


でも、そんな事を言っている暇は無いんだ


今日も仕事終わって、 小さく溜息吐いて
本当は 終わって楽しく帰れる時間なのに
少しも楽しくない







海に行きたいなぁ~


夜の海に






06/13|詩…語らいコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
Profil

鼓太郎

Name: 鼓太郎
九州在住の波乱万丈な人生を歩む鼓太郎と、彼を支える心の友、鼓次郎が繰り広げる、ゲスト救済ストーリーを展開します。

鼓太郎のこれまでは ココ!

_
News_Entry
Category
Archive
エントリー中
Counter
Link
*****
Search
RSS…
ブロとも申請フォーム
*
**
***
<****Googleanalytics解析***--------------------------------------> <****Googleanalytics解析 ここまで***----------------------------------->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。