上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
好きだから 追い続けている
好きだから 楽しい
好きだから 極めて、一番になる

好きだから…


俺は本気なんだ
自分の人生 諦めたら負けよ。


でも、願いが叶わないのは
本気の度合いが まだ…まだ…なのだろう


もっと真剣に 
もっと本気に
もっと好きにならねば…

どんな仕事でも それが一番大切だと思える。



仕事…
成果のため?
家族のため?

俺は間違いなく 自分のためだろう

そして、達成した時に気づくんだ
そばで支えてくれた人への感謝の気持ちを

でも本当は、俺のためではなく
心の奥底では、支えてくれる「あいつのため」・・・かもしれない

その想いはただ一つ

がっかりさせたくない  ただそれだけ



だから いつだって本気なんだ。




スポンサーサイト

05/29|詩…語らいコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
なんど やってもうまくいかない…
なんど 頑張っても 叶わない…

でも それは失敗なのだろうか?




ガキの頃、学校の図書館で、ある本で 読んだ記憶

エジソンは 1000 回も失敗し
      そして 1001 回目で電球を発明した

しかしエジソンは うまく行かなかった方法をまた見つけた…と
最後まで 失敗と受け入れなかったそうだ。



心の中の もう一人の自分に問うた…

お前は”失敗する度胸” 有るのか?

もう一人の自分は 答えた…
エジソンに勝とうとは思わないが、
失敗する度胸があるからこそ、諦めずに何度も立ち上がっている

失敗したら また立ち上がる
そして また失敗して 挫折して
でもまた立ち上がる…

悔しくて涙し 「ちくしょ~」って、また一歩踏み出し
その瞬間が 人間らしいと思うし、
きっと 人生最後の日に振り返った時
 「俺 度胸有ったんだな~」って
自分を褒めてやりたいよ。

そうなりたいから こそ
今は 失敗の連続でも
失敗と思わず、ただ 歩むのみ・・・・


見とれ~よ 上弦の月よ。。。。。。。





05/28|詩…語らいコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
20150509_205035.jpeg

休日の夕暮れ
独りぼっちで 空港に行く


離陸する飛行機を見ていると
身体の中の芯がシャキーンと音を立て
そして、心の鼓動が聞こえてくる様だ



どんなに凹んでも、
どんなに辛くても、
歯を食いしばって 歩くのは

叶えたいものが 自分の中にあるからよ・・・

自分の人生だもの
自分で 一歩 一歩歩かなきゃ。

自分の人生に残る振る舞い

それも やっぱり自分の為に。。。。


飛行場 いいなぁ~


05/17|詩…語らいコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
123123.jpg


3文字記入の白い封筒
途中下車の意思表明をした。

吹っ切れた気持ちに 空は青く
意味なく ワクワクする気持ちはなんだろう…

本来なら 仕事を無くし 路頭に迷い
先々の不安に押しつぶされる筈なのに…


しかし、不思議なくらい、彼是とこれからの自分の道を創造している
そんな時間と 可能性ある未来にむかって進むことなのだろうか?

何のあてもない 何の資金も無い 
ただ有るのは、夢を叶えたいと願う気持ちと、
必ず叶えると信じる心のみ…

今でも、それがあるだけ幸せなのかもしれない。

もしかしたら、我武者羅にもがいている自分が
好きなのかもしれない。

自ら進んで 裸足になり、真っ暗な茨の道を
希望を持って進む
辿り着いたところが、穴でも、崖でも
それはそれで 仕方ない

自分で決めた事だから
 
全ては自分で決めた事だから…


時には溜息吐くよ
時には挫折もするだろう

でも、どんなに倒れても、必ず立ち上がる
その勇気は いくつになっても 持っている。

少し前に、歳に押しつぶされそうな
弱気になっていた。


ふと気づいた…
人生の分かれ道に差し掛かった時、
いつも 苦手な方 経験したことのない方向へと選び進んでいた
そうやって 自分の中の自分を磨いていたような気がする。

一歩進む きっかけ
やはり、自分の中に存在する事を 改めて感じた。


6月30日 途中下車決定。。。
あばよ~


05/17|詩…語らいコメント(2)トラックバック(0)TOP↑
何度も倒れて その度立ち上がり
そしてまた倒れて・・・

その繰り返しの この8年

諦めず ただ一途に歩いてきた バイクの仕事

いろんな事 やれるけど
やっぱり バイクを触っていた方が楽しい

床に落としたスパナの音が心地いい
オイルで濡れた右手を労わる 不器用な左手も
バイクを見る 視線も ずっと変わらず ここまで来た


ほんの8年の期間なのに 
波乱万丈な それでいて、いつもワクワクしていた。

まだ提出していない「退職願」
明日は出せるかな。。。






05/15|詩…語らいコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
ピアノの曲のBGMを聴きながら タイプを叩く

あの頃に戻りたい…と
思った事は無い

早く 5年後に10年後に生きたい

その為には…

やはり 今を 現在を
真剣に考える事なんだろうね。

言い訳じゃない
自分の中のすべての希望を叶える為なんだ

「絶対にかなえてやる」
きっとその執念が 次なる一歩を教えてくれる
そう信じている。




05/13|詩…語らいコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
何がやりたいのか?
言葉にすれば的外れになっていしまう

ただ… やりたくない事は自分の中で確定している
ぞれは、ずっと昔から
そして、その気持ちは今も、変わらない

明日「退職願」を出そうと考えている。

確かに、この歳で仕事を無くす不安はあるが
それでも、この場を去る事を決意した


50代…
ある人は、「安定の時期だし、もうひと息だから」と引きとめる
でも 自分の中では、いくつになっても「挑戦」だと感じている

自分の夢だから
自分で見つけた夢だから
自分が叶えないと…

いつだってその気持ちは変わらない
夢を叶えるまで 常に挑戦

五体満足の身体
体調は万全…だと思う

だったら、行きたい方向へ歩いて行くのが
俺らしい生き方だ

お金じゃない
地位や名誉じゃない

夢も希望もすてた同年代に
手本を見せたいとも思う

勿論、叶わないかもしれない

でも、自分の中の欲望を追いかけている
それこそ大事な事であり、

それが無かったら 俺じゃない

不安はあって当然だ

師匠が教えてくれた
走れば風にあたり
坂を登れば、息がきれる
でも  一歩…一歩…歩き続けること

その先にしか 達成感は無いと…


大丈夫…大丈夫…自分の中のもう一人の自分に言い聞かせ
一分一秒自分の好きな事に邁進しよう

「退職願」
次なるドアのノック

落ち込んではいない
むしろ ワクワクしている自分の波乱万丈な人生。。。。

ファイト~





05/13|詩…語らいコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
言葉も無く 時間が過ぎた一日

テレビを見て、時折 小さく笑い声だけが聞こえる部屋


こんな事していて いいのだろうか?


時計の針が 一秒…一秒刻む
遠くで、最終電車の発車する夜の音

今日も何事も無く一日が終わった


昨日と同じ事をやっても 叶うはずがないよ…と
もう一人の俺が言う

分かっている。。
今は焦ったらダメなんだ

焦ると、自分の足元しか見えなくなってしまい
怖じ気づいて、弱気になって 逃げだしたくなる


今は…静かに縺れた糸の様な
同じ結果にならないために、
自分の中の、絡んだ部分を静かに見ているんだ


本当は、苦しいよ。
辛い…切ない… 怖い…

でも そんな事言っている暇なんか無いんだ



心を強く…
自分の夢だから 自分で叶えないと…

充分な時間の中で、自分の事を見つめなおす
そんな一日をつくらなくては…

でも 逃げ出したいくらい怖くて
そんな一日があっても、他の事で埋めてしまっていた


今度の土曜日…
自分の為に、時間を作ってみよう。。。

そう 自分と約束した。



05/07|詩…語らいコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
orion.jpg



不安が心をよぎる 道なき 道・・・

時に信じた道なのに 弱き心が目を覚ます
穏やかに 沈まれ・・と言い聞かせ

「窮屈」と名の目に見えない空間で
必死に天を支えている



今…手にしたいもの
それは、お金でも 地位や名誉でもない


きっと 同じ志を持つ 同士・・仲間…



諸天に輝く星有れば
どうか そいつらと出会わせてほしい。。



05/07|詩…語らいコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
Profil

鼓太郎

Name: 鼓太郎
九州在住の波乱万丈な人生を歩む鼓太郎と、彼を支える心の友、鼓次郎が繰り広げる、ゲスト救済ストーリーを展開します。

鼓太郎のこれまでは ココ!

_
News_Entry
Category
Archive
エントリー中
Counter
Link
*****
Search
RSS…
ブロとも申請フォーム
*
**
***
<****Googleanalytics解析***--------------------------------------> <****Googleanalytics解析 ここまで***----------------------------------->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。