上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
20161029_160103.jpg

人を憎んだ 縁を切りたいほど憎んだ

心は…
そんな自分が嫌だった 嫌で 嫌で 苦しんでいた。
些細な出来事 憎しみの心を持つ事で落ちていく心の位置
その位置に種を植え せっせと水を与える自分が情けなかった。
それを克服することも自分自身の心の持ち方だと知っている。

けれども…その術さえも見つける事ができなかった。
「人間だもの…」そう悪魔が囁く
「別に縁が切れてもいいんだろ」
「一言! 言ってやれよ」
「だからお前から人が離れていくんだ!」と、魔の十軍が攻め寄せる。

そんなことを思っていると、再び心の中に嵐が吹き荒れる
弱気な心を慰めるように、無理に笑顔で振る舞う
独りになれば、足元のグズグズが音を立てて崩れそうだ。

心の赴くままに、人に会いたくなった。
愚痴 不平不満をぶちあげて、
非難されても 中傷されてもいいと思っていた。
なにかを探したかった。自分の中で埋もれている 大切なモノを

もがいている自分の心に、道標でも小さい灯でも
何でもいいから、ただ欲しかった。

アイツは、ただ黙って聞いてくれた。
そして、心のど真ん中に豪速なる直球をくれた。

「心の根底に憎しみがあると、本末転倒だよ」
「その人はあなたに祈り方を教えているのでは?」
「一番嫌いな人の幸福を祈れ」

そして、大切なことを気づいた気がした。

嫌いな奴を「嫌いだ」と突っぱねることは誰だってできること
そうやってる時は、相手の不幸を願ってる行動
そう思っている時は自分自身さえも修羅の門を叩いている状態

這い上がるためには、修羅の門を開くな
這い上がるためには、その位置にとどまるな
這い上がるためには、もっともがけ!


挑戦してみた…「嫌いな奴の幸せを祈る」
心底 幸せを祈る…

1時間…2時間…4時間…8時間…そして、10時間
そこには ギラギラと輝く太陽が見えた。

今、誰よりも自分が幸せだと感じている。
嫌いな相手の幸せを願うとは、自分の居る位置をもうひとつ上の世界に誘う方法だと。

再び友と一緒に挑戦してみた…
1時間…2時間…4時間…8時間…そして、10時間
全てのモノの幸せを祈れる。

俺もまだ捨てたもんじゃないな。。。。

挑戦こそ成長の証。

スポンサーサイト

11/03|詩…語らいコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
よく頑張った! 


あることを挑戦してみた…

本当は少し恐れていたけれど
初日から挫折した人もいた
3日後に殆どの人が離れて行った…

弱音を吐きそうになる自分に
心の中で自分を応援する声が聞こえていた
静かにその言葉を理解しようとする自分が そこに居た


「やめるのは簡単なこと… でもやめて何が自分に残るの?」
「途中で諦めた挫折感より 一度は自分でやろうと決めた事・・・」
「最後までやり通して、その後の達成感を味わった方が自分のためではないか?」

やめる気持ちがあるまま続けても 最後まで達成するはずがない
ならば、どこまで出来るのか?自分を信じてみよう…
そう誓って 1ヵ月が過ぎた…

最終日の朝、登る太陽が眩しかった。
達成感をかみしめて、その瞬間自分を褒めていた。

そして家族を含め この日が来ることを
いろんな人が応援してくれていた・・・



これも一つの大切な経験なのだ
そう言い聞かせて 自分に満足していた。



鼓太郎。。。


↓↓ランキング参加中です。”ポコッと!”ご協力お願いします!】↓↓
にほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ  
にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ
にほんブログ村





07/29|詩…語らいコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
いちばん会話をしている相手は、それは、いちばん喧嘩をしている相手・・・
そいつが示す 道しるべを辿って行った…

辿り着いたのは、ひとつの言の葉

「退路を断って道始まる」

この言葉ほど、今の自分に相応しい言葉なのかも知れない

逃げ道があるから、今、この時、この瞬間を精一杯力が出せないでいる
逃げ道があるから・・・、心のどこかに弱さがあるから・・・、甘えてしまう。
そういう事を あいつは教えてくれた

あいつ・・・とは、
いちばん会話をして、喧嘩をしている 


それはやはり自分自身


退路を断つ・・・道を示しておくれ
その道を 一緒に歩こう。。。。

自分の中の無意識の領域を 意識して観察していた一日だった。。。。


退路を断って、道はじまる。。。。

またひとつ・・・座右の銘にしよう。



06/26|詩…語らいコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
乾いた空気の中、庭に出てみた
星が綺麗だと感じた、南東に見える明るい火星

闇の中、見上げる夜空に大切なモノを見出した気がする。

少し前・・・弱気心の自分に嘆いていた
もがけば、もがくほど、何かにすがりたい気持ちで立ちすくんでいた


怖かった・・・

「動かなくては・・・」と分かってはいるけど、何も動けない
不動の自分が情けなく 怖かった。

心に語り掛けた・・・「どうすれば いい?」

心は教えてくれた・・・「昔はどうしてた?」


少し気づいた気がした。無性に誰かに会いたくなった
同じ思いをしている うずくまり、立ち止まっている誰かに・・・
そいつを救おうと、語った・・・自分の経験を語った・・・

1時間・・・2時間・・・5時間・・・12時間・・・

そいつは少しずつ 何かに気づいてくれた

「俺、何か見えてきた気がする」 嬉しい言葉だった



自分の悩みは何も解決していていないのに。




ひとりになって 心と語っていた
「何が寂しいの?」・・・

「何で動けないの?」・・・

「何がしたいの?」・・・

納得できる言葉が 自分の中で探す事が出来なかった・・・


ふとしたことで 心が教えてくれた


「自分の考え 思っている事 伝えてみろよ」 と・・・


心を伝える事は難しいけれど、大切な事は伝えようとする気持ち
その奥には 自分以外の誰かを不安がらせない事だと気が付いた。

なんだか 大切な宝物を見つけた気がした。



鼓太郎。。。


↓↓ランキング参加中です。”ポコッと!”ご協力お願いします!】↓↓
にほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ  
にほんブログ村
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ
にほんブログ村




06/03|詩…語らいコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
自分なりに頑張っているのに 
認めてくれない・・・

認めてくれたら
もっと今以上に頑張れるのに・・・


もしかしたら、それを求めるから 
寂しさを感じるのだろうか・・・


家に居ると 窮屈さを感じる
出て行きたい




ひとりになりたい


立ち止まって、うずくまっている自分に気づいた。。。



鼓太郎。。。


↓↓ランキング参加中です。”ポコッと!”ご協力お願いします!】↓↓
にほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ  
にほんブログ村
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ
にほんブログ村







05/27|詩…語らいコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
弱る心の隙間に決まって出てくる悪の感情。
悪の言葉に いつも黙り込んでしまう弱った心

本当の自分を一番よく知っているはずなのに、
何故に黙る!

倒れては何度も立ち上がり そして歩く・・・そしてまた倒れる。
平坦な舗装された道だとは、思っていない。
茨の道だと分かっているけど、自分の中の何かの歯車が回っていない・・・

それが何なのか重要な事ではないけれど
こんな俺が自分を殺める事を考えるとは 本心・・・思っていなかった。

家庭はあるけれど、応援してくれる人がいない・・・
普段と同じ風景 音 空気 何も変わらないのに
なんのために頑張っているのか・・・分からなくなったとき
なにかを残そう・・・困らないように・・・
そう思った時、ふと過った 不実の心。

生と死 紙一重の中で人は生きているのかもしれない

「お金が大切だ」と思う人「お金は大切だ」と思う人
「お金も大切だ」と思う人
「お金は必要なだけあればいい」と思う人

人それぞれ・・・

「前向きね」「ポジティブね」そう言われてきた
そんな心の人こそ もしかしたら、簡単にそれを実行するのかもしれない。

人間って不思議だ・・・前向きに考えられる人って 誰かが支えている気がする
支え・・・支えられ・・・そうやって生きているのは理解できる

小さなすれ違いが 居心地悪く居場所がない 寂しい気持ちを認めたくないから
何処かで強がっている心も分かる

今は八方ふさがり状態 悩んでいる身体のどこかで励まそうとする自分自身
それに暴言を吐き 黙らせようとする自分と自分の戦い。

疲れた・・・ 動けない自分に疲れた。
今の問題を乗り越えようとする意思はあるのか?


・・・・

「乗り越えたい」と願望はまだ残っている。
でも「乗り越える・・・絶対に・・・」その勢いが欠けている。 気がする

溜息吐いて 窓の外、夜空を仰いだ

「自決」昔の人はよく言ったものだ。。。





どうやってこの気持ちを乗り越えるか・・・・

答えは決まっている・・・
自分以外の誰かを 助けよう

「自殺」を思うことはあっても 実行しないのは何故?
「誰かを助けよう」と思った時 それを実行しようと「その誰か」を思い浮かべるのは何故?

心は死にたくないんだよ。

大切なのは 「心を打ちあげられる場所」が有るのか?無いのか?・・・なのかな・・・


鼓太郎。。。


↓↓ランキング参加中です。”ポコッと!”ご協力お願いします!】↓↓
にほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ  
にほんブログ村
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ
にほんブログ村



05/27|反省コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
憎しみ抱く 心が空しい

淡々と駆け降りる階段に
止まろうと意思も無く 
ただ降り下がる足音だけが 
心に響いている…

ほんの少し立ち止まり
ほんの少し考える事が出来るなら

ここまで下がる必要は無かったのに

憎しみの幕が開く眠れない夜…
今日も 訪れるのだろうか。


鼓太郎。。。


↓↓ランキング参加中です。”ポコッと!”ご協力お願いします!】↓↓
にほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ  
にほんブログ村
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ
にほんブログ村










05/01|詩…語らいコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
 

辛い夜があった
誰にも言えない悩みがあった
全てを壊したいくらい 心の置場を失っていた

歯をくしばり歩き 
気づかれないように…泣いていた

2006年 夏


綴る言葉に
答えてくれた人がいた

教えてくれた ピアノの曲
今も覚えている

乱された波長を 穏やかに振るわせてくれる
そんな音色だった。

大丈夫よ

今も歩いている・・・

独りで・・・



鼓太郎。。。


↓↓ランキング参加中です。”ポコッと!”ご協力お願いします!】↓↓
にほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ  
にほんブログ村
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ
にほんブログ村






04/29|詩…語らいコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
歴史が教える大切な事 

海があり 山があり 
そして、人を見守る城がある

熊本はどこに行っても、その魅力を感じる事ができた。
ひとつひとつの場所が崩れ去る

寂しさ 切なさ 歯がゆさ…

賑わう街中を高台で見守り続けている熊本城
長い年月、戦乱にその姿を失おうとも再び蘇り
その頑固な人の人たる人づくり

この時代に この城があることの意味は
きっと、400年前のあの時代に清正公が
人として大切なものを残したく 
それを見据えていたのかもしれない。


支えるって…こういうことなのか?

「武者返し」と名の石垣

大、小さまざまな石の形が
いつの時代も、それぞれの役を担い
共に手をとりあって 櫓を支えてきた

耐えきれぬ震えに 調律を乱され

それでも、「これ以上…壊れないように」と
支え合う 最後の石…その姿

地が震えるたびに サラサラと順を連ね落ちていく小さい砂石
その離れた手に耐え切れず 落ちていく大きな石
崩れを待つ 寄り添う石

いつの間にか残った石だけで
それでも櫓を点で支えている
 
災害を受けた人たちに 何かを教えようとしている…
そんな気がしてならない

傷ついた熊本城の この姿も
見習いたいものだ。

大切な事は きっと「守るもの」があるから支えられる
「挫折」と「気づき」はそんなことを教えている気がする。


鼓太郎

↓↓ランキング参加中です。”ポコッと!”ご協力お願いします!】↓↓
にほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ  
にほんブログ村
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ
にほんブログ村






04/29|詩…語らいコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
辛かったんだよね
何もかも思うようにいかなくて…

いつも 焦っていたんだよね
不安から逃れたくて…

しっかり 耐えて来たんだよね
でも、思うようにならなかった…

泣きたくなるよね
その方法でしか 心を表現する事が出来なかった…

でも大丈夫だよ

ほら まだ歯をくいしばっているじゃないか
声が漏れないように…

大丈夫だから…
今は そうとしか言えないけど

解ってるよ…強がりからきてる寂しさ って
 
大丈夫だよ。。。。
大丈夫…

大丈夫だから…


鼓太郎

↓↓ランキング参加中です。”ポコッと!”ご協力お願いします!】↓↓
にほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ
にほんブログ村


04/28|詩…語らいコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
Profil

鼓太郎

Name: 鼓太郎
九州在住の波乱万丈な人生を歩む鼓太郎と、彼を支える心の友、鼓次郎が繰り広げる、ゲスト救済ストーリーを展開します。

鼓太郎のこれまでは ココ!

_
News_Entry
Category
Archive
エントリー中
Counter
Link
*****
Search
RSS…
ブロとも申請フォーム
*
**
***
<****Googleanalytics解析***--------------------------------------> <****Googleanalytics解析 ここまで***----------------------------------->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。